BLOG

バンコクに到着してすでに4日。

昨日ジムトンプソンに行ってきました。

今回バンコクに来た大きな目的の一つのカーテン選びです。

当初、バンコクのソファなどを購入したショップで扱ってるDEDARというイタリアブランドのカーテンを採用するつもりでした。

初めて聞くブランドでしたが、モダンテイストでカッコいい。

HPから好きなデザインを選んで現地からサンプルを取り寄せしました。

そしたら1mあたりの金額が日本円で8万以上と出てきました💦

確かにすごく凝ってるし良い生地なのはわかるけど8万円はないでしょ、って思いますよね?

日本でもそんな生地見たことなかったし…

ですからリビングとベッドルームと合わせて出てきたのは数百万の見積もり😅

縫製なしのカーテン生地だけでよ?

輸入ものではあるけど、

「これホントに正確な金額なの⁈」

って疑ってしまいますよね。

それじゃあ日本でDEDARを扱うショップはないかと探しました。

ありました!

カッシーナで扱っていました!

さすがイタリアンファーニチャーですね。

早速南青山にあるカッシーナに見に行きました。

DEDARコーナーありました。

しかも私の使いたい生地も!

値段を見ると1mあたり33000円でした!

やっぱり安い!

これまでの感覚ですとカーテン生地に33000円てめっちゃ高いよね、って感じだったのですが、80000円からの33000円て安く感じちゃうんですよね〜恐ろしいことに…

それにしてもバンコクのショップの80000円という金額はどうなるとそうなるんでしょう?

私も夫もDEDARの生地すごく気に入っていてもうこの生地ですべてイメージしちゃっていたのでカッシーナに日本に取り寄せてもらってからバンコクに発送してもらうことにしてたんですね。

ところがです。

話を進めているうちに発送によるリスクはすべて私達の方で持つようになるってことがわかったんです。

うちの夫、リスクは追いたくないタイプなんですね😅

で、

「残念だけどこの生地諦めよう」

って言われてしまいました。

手続きややり取りはすべて夫が窓口なんで無理は言えません。

そして、思いついたのはタイのジムトンプソンの生地。

これなら輸入ものでないからそこまで高くないでしょう、ということでジムトンプソンを扱っているマナトレーディングに見に行き、探しました。 

でもモダンな生地ってなかなかないんですよね〜

その中でもいいかな、と思うのを選び出しました。

そして最後はバンコクのジムトンプソンに直接行って探そう、となったわけです。

ここまでかなり長かったですね😅

そんな経緯があり、ホントは夫がバンコクに家具搬入に来るはずでしたが、急遽私になったわけです。

で、昨日シーロムのジムトンプソン本店に行きました。

場所変わってないなら20数年前に初めてバンコクに来たときに連れてきてもらったことある。

忘れてしまっているけど。

シーロム周辺は雑多な感じで雰囲気のよい感じじゃありません。

なんでこんなところにあるんだろ…

と思いながら歩いているうちに到着。

シーロム駅から5分くらいです。

入り口にいるスタッフにカーテン売り場は4、5階と聞いて案内されました。

30分ほど見ましたが、やっぱり日本で選んできたものが一番良かったのでそれに決めます。

あとはいつもお世話になってる不動産会社のMさんに型番を業者に伝えてもらうだけ。

ちなみに日本とバンコクの値段の相違はこちら。

【リビングカーテン】mあたり

日本 18800円 → タイ約14360円

【寝室カーテン】

日本 18700円 → タイ 約 11030円

日本だと100円違いなのにタイだと3000円ほどの差は何?

もうDEDARのところからいろいろ不思議なんだけど、取り敢えずカーテン決まりました!

生地はまた仕上がった時のお楽しみに😊

カーテン選びでホッとして3階におりていくと…

クッションカバーとかリネン類がありました。

またカーテンとか全部取り付けられたらカーテンと色味を合わせたクッションカバー買いにこよう。

あとジムトンプソン2階には雰囲気良さげなカフェがありました。

誰もいないのでゆっくりできるかな、と入ってみました。

お昼食べてなかったのでパッタイとコーヒーをいただきます。

パッタイも美味しい💕

ジムトンプソンのカフェ、空いていておススメです。

今回のカーテン選びの大役を終えてホッとしています。

最低限の家具も入ってあとはゆっくりバンコク生活を楽しむだけです。

SHOP

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほブログ村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。