BLOG

 9月にELM瞑想説明会を開催しますのでこちらをご覧ください。

8月8日の瞑想会ではチェンマイで一緒に教師トレーニングをした伊藤幸子先生と山下めぐみ先生が参加してくださいました。

しかもこの日はライオンズゲートといって霊的世界の扉が開いた日でしたのでかなりパワフルな瞑想会となりました。

(画像はお借りました)

この後すぐに、私の中で最大級といっていいほどのカルマの解消ができました。

これもその恩恵なのかもしれません。

何十年も抱えてきた懸案事項でしたが、私のハートはすっきりし、温かい気持ちで「すべて溶けた!」という感覚で平安そのものでした。

このようなスムーズな形で解決されたことは、コツコツと瞑想を続けてきたからだとはっきり言うことができます。

立ちはだかる大きなカルマを前に、ときには涙することさえありましたが、逃げずに自分の中で何度も向き合ってきました。

今は自分自身にも「よく頑張った!」と言いたいし、心からユニバースに感謝しています。

「カルマ」という言葉だけ聞くと、宗教染みた怪しい世界の話のように感じるかもしれませんが、簡単にいうと「自分の人生の課題」です。

その人生の課題は小さいものもあれば大きなものもあります。

生まれる前に設定してきているものもあれば、生まれてきてから創り出してしまったものもあります。

自分のカルマ(課題)が何かということは、わかっている人も多いのではないでしょうか。

誰にでも

「この部分はうまくいかないな。」

「いつもこのことでは苦労しているな。」

「同じことを何度も繰り返してしまっているな。」

「これだけは許せない。」

っていうことありますものね。

それが大なり小なりのカルマ(課題)だったりするんですよね。

向き合うのを拒否したとしても、宇宙というのは完璧な秩序の中で成り立っているので必ず別のところでうまくいかないことが出てくるのです。

私はそのことをよく理解しているし、何よりも今世でのカルマは絶対に来世に持ち越したくはありません。

ハッピーなことならウェルカムですが、そうでないことを来世でもう一度経験したくはないもの。

カルマ(課題)は小さいものでしたら割とすぐに解決したり腑に落ちたりするものですが、大きいものはそんな簡単にはいきません。

でも、ユニバースは必ずカルマの解消をするチャンスを作ってくれます。

その時に、

「これは私の人生の課題。逃げないで立ち向かおう!」

と決意するのです。

そうしたら、びっくりするくらい簡単にクリアさせてくれます。

カルマ(課題)へ向き合うって怖いからできれば避けたいものですが、瞑想をしていると自然な形で向き合わせてくれます。

カルマ(課題)を一つ一つ解消していくたびに、人生を楽に生きられるようになります。

内側がクリアになり満たされると外側がより豊かに満たされたものになるので、大きなカルマを解消した今、どのように外側が変化するか楽しみです。

9月4日にELM瞑想説明会を開催しますが、そのあたりのことも詳しくご説明させていただきます。

ご興味ある方お待ちしております↓

2018年9月ELM瞑想説明会募集のご案内

SHOP

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほブログ村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。