BLOG

本日9月5日は長男の19歳の誕生日です。

(画像はお借りしました)

早いものでもう大学生になりました。

大きくなるにつれて誕生日は簡単なものになりつつありますが、9年前の彼の10歳の誕生日は今でも私にとっての一番の思い出となっています。

お友達を招いて義父母宅で誕生日パーティーをやりました。

こちらの記事で当時の様子がご覧いただけます。

亡き義父母がシャンデリアに輪飾りをつけたり、クリスマスのライトで装飾してくれたりと彼の誕生日を盛り上げるための演出をしてくださったのです。

今でしたらバルーンなど、業者を介しての演出も当たり前ではありますが、すべて手作りでした。

それを見た瞬間、思わず涙が出そうになりました。

パーティーの様子を目を細めながらご覧になっていた様子が今でも思い出されます。

彼らの孫に対する愛情は深く、まさに目に入れても痛くないという言葉がピッタリでした。

私が義母への最後の言葉として、孫に対する深い愛情に感謝したことはご納得いただけると思います。

まさか、息子が大学生になるまで生きることができないなんて、想像もできないことでした。

義父母も息子の成長は見届けたかっただろうと、毎年誕生日になるたびに思うのです。

さて、当の息子は現在ギターに夢中になっている普通の大学生となりましたが、個性は小さい頃からあまり変わっていないですね。

本日は彼のお祝いとして食事に誘おうと思いますが、果たして一緒に来てくれるかどうか・・・(^^;

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

SHOP

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。