BLOG

GW中はどこに行くこともなく、自宅で少しずつ引っ越し準備をしていました。

休み中にふと「バンコク行きたいなぁ〜」と思いました。

バンコクのセカンドハウスは私にとってパワースポット。

自分の意識がクリエイションした場所なので行くと至福に包まれるから✨

でも6月上旬の引っ越しを控えているのでバンコクを満喫するような時間はありません。

で、サクッと行ってこれる伊豆高原の温泉を数日前に予約して今向かっています。

自分のハートが望んだことは可能な範囲ですぐに実現させてあげないとね💕

 

3月、長男は新居へひと足先に行き、次男も一人暮らしを始めました。

夫も成城と新居を行ったり来たりで夜も私一人で過ごすことが多くなりました。

一人大好き人間の私でも子供達と過ごしていた慌ただしい日常がなくなり、またもうみんな一緒に暮らすこともないのかな、と思うと何となくの寂しさや「これでよかったのかな」という気持ちが芽生えたりもしました。

食事もほとんど作らなくなり、改めて家族のおかげで自分の健康も保たれていたんだな〜って。

でもそんな湿った気持ちも10日間ほどで、4月にバンコクに行って帰ってきたらすっ飛んでいました。

それよりも家族に対する信頼の方が強くなり「すべて大丈夫」って思えたからかな〜

考えてみると我家は全員一人でいることが大好きなんですよね。

私は旅も一人で行くことが多く「どうして?」って聞かれたりもするけど、「すべてが自由であるから」としかないんですよね。

しかも一人で行けば行くほど一人の旅が好きになる。

別に普段拘束されているわけではないし、むしろ他の人より十分過ぎるくらい自由な日常を過ごしているんですけどね。

起きる時間、食事の時間、食べたいもの、行きたいところ、誰に合わせることなく全部自分のペースやタイミングで進めることができるからかな。

誰かと一緒でないと寂しい、と感じる人にはわからない感覚かも。

自分に向き合い、自分の望みを叶えてあげることも簡単にできるけど、誰かがいるとすべてが思い通りにならないことも出てきたりする。

その相対を見たり感じたりすることが学びなんだということも一人になるとよくわかります。

一人の時間はそれはそれで満喫し、誰かと過ごす時間も他人を尊重しながら自分軸で生きることができたら最高ですよね。

今日は伊豆高原の大好きな温泉で一人時間を満喫してきます💕

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。