BLOG

小林麻央ちゃんが「なりたい自分になる」というタイトルの記事でブログをスタートさせました(こちら)

その記事を読んで彼女が病床の身でありながらも一生懸命自分の人生を生きようとしている姿に胸が熱くなりました。 

「自分の経験が誰かの役に立てれば」と世界に発信するという尊い行為に心からエールを送りたい気持ちです。

きっと私だけでなく多くの人が励まされたり、考えさせられたり…いろいろな想いを巡らせているのではないでしょうか?

私も義理の母が癌で亡くなっていますので、闘病生活をどうしても重ね合わせてしまいます。

彼女の病気になってしまってまわりの人に申し訳ないと思う心情や抗がん剤治療の辛さなどを読むたびに、

「もっと母の辛い気持ちに寄り添うことはできなかっただろうか」

「もっと母のために出来ることはなかっただろうか」

と後悔で涙が出てくることもありました。

そんなときに彼女の「たらればは無し」という記事にこんな風に書かれていました。

癌の告知を受けて、

それを受け入れたとき、

ほっとした自分もいた。

その1年半の間は

とにかく身体が怠くて怠くて

1日1日が精一杯だったのだ。

「癌になるくらいの身体だったんだ」と

思ったとき、

その間の自分を初めて分かってあげられて、受け入れられて、

どこか、ほっとしたのだった。

今思えば、

もっと前から

癌にならないように努力できたことが

あったかもしれない。

主人が

私の身体のためにしてくれていた

助言にも、もっと耳を傾ければよかった。

でも、決して

何かに怠けていたわけではない。

あれがあの時の

私なりの精一杯だった。

だから、人生に「たられば」は無し。

それでも、

思ってしまうものだけれど。

この記事を読んで救われる気持ちになった。

私も怠けていたわけではなく、あの時はあの時で精一杯やっていたから。

彼女は病気の人だけでなく、それを取り巻く家族をも励ましてくれている…

私も母の病院の見舞いに行っていた時に、癌患者のお母さんのお見舞いに来ている家族をよく見ました。

子供もまだ幼稚園児くらいでお若くて癌になられたようで…本当にお気の毒な気持ちになったものです。

ですから麻央ちゃんやお子さんたちやそのご家族のことを想うとせつなくなります。

一つの救いは、病気によって今まで気付けなかった大切なことにたくさん気付けたはずだということ。

だからこそこうやって自分の得た尊い気付きを世の中に発信されているのだと思います。

私も家族が癌患者だったので、彼女の癌がどのくらいのレベルにいるのかだいたい想像ができます。

麻央ちゃんは知り合いでもなく私にとってはテレビの中の人ですが、

「どうか奇跡がおきますように」

とどうしても祈らずにはいられないのです。

それはきっと私だけではないと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。