BLOG

私は今フィリピンのボラカイ島に一人で来ています。

セブから移動してのボラカイです。

朝食を食べて、ホテルのラウンジで寛ぎながらこの投稿記事を書いています。

この旅行の予約を取ったのは11月下旬です。

チェンマイから帰国して間もない時でした。

昨年はタイ2回、セブ1回の海外でした。

でも2回のタイは瞑想トレーニングで遊びではない。

タイから帰国した11月になぜか、

「私が大好きでワクワクする世界を私の中に改めて定着させたい!」

って強く思いました。

ロンドンに住んでいた時もカナリア諸島のテネリフェやギリシャのクレタ島などにも行きました。

でもやっぱり私はアジアのリゾートの雰囲気やホスピタリティが好き。

そして海を見てると自分の源に帰れるような気がするから。

だからその「好き」を実現し、体感させるために躊躇なく行動に移しました。

自分の心に従って来ましたが、ここでもしっかり自分と向き合え、新たな気付きをたくさん得ることができました。

そして改めて自分の置かれている境遇、そして家族をはじめ、出会えたすべての人々に感謝できている自分がいます。

一人旅ってすべて自分のためだけに使える贅沢さがあります。

もちろん美しい景色を見た時や、美味しい食事をたった一人で食べてる時など、夫や子供達と共感したいな、って思うことは多々あります。

でも、子供達がまだ学生なので全員のスケジュールを合わせるのは難しい。

だから一人で旅行することは、今自分が置かれている環境の中で自分に対してできる最大限をしていると思っています。

世間では、

「いつか子供達が成長したら」

「いつかお金の余裕ができたら」

とか言うけど、そんな「いつか」ってくるだろうか、っていつも思います。

やりたいことを今行動しようとしない人にその「いつか」はやって来ないのです。

人生って長いようで短いものです。

「いつか」を待っている人は行ける時期やお金に余裕ができた時には、体が動かないなどほかの理由で行けなかったりするものです。

「自分のやりたいことは今置かれている境遇の中の最大限でやる」

これは私の中では鉄則としていることです。

やりたいこと、好きなことは人それぞれ違います。

もし私のように海外旅行が好き、でも子供が小さいしという人は、小さくても子供と二人ででも行けるはずだし、お金がたくさんないならまずは近くの温泉一泊から始めたらいい。

そしてそれができたことに感謝し、決断し行動した自分を褒めてあげましょう。

これを積み重ねていくとどんどん自分の枠が広がり、いつのまにか自分が理想としているもの以上のギフトを頂けます。

そして自分の望む世界を自由に展開していけるようになるんですよ。

私だからできることではありません。

ユニバースはいつだってみんなが望む最高の人生を歩んで欲しいと思っています。

それなのに自分の中でできない理由を考え、制限して受け取ろうとしないのは人間サイドなんですよ。

私のサロンのお客様やブログをご覧いただいている方にこのことを強く伝えたいです。

新鮮なまま、今の気持ちをしたためたくて旅先から投稿します。

2月ELM瞑想会お申込み募集

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。