BLOG

*7日にショップの商品についてお問い合わせしてくださった方。あいにくhotmailですとエラーで戻ってきてしまいますので再度別のアドレスでメールをいただければと思います。お手数ですがよろしくお願いします。

私は今バンコクに来ています。

8月のバンコク旅行記を書いている途中でしたので混乱されるかもしれませんね。

8月のバンコク旅行はコンドミニアムを探すことを目的としていましたが、結論を先に言ってしまうと9月に夫がバンコクに行き物件を決めてきたのです。

で、今回は部屋に入れる家具を探しにきたというわけです。

家具はソファとラグだけ夫が9月に来たときにある程度決めていたのでその確認と決済に、そして他の家具もいろいろ歩き回り、とりあえず最低限必要なものを選びました。

8月に私が来た時にお世話になった不動産屋のタイ人女性のMさんに夫が私のアテンドをするように頼んでくれていました。

Mさんはタイ語、英語、日本語を話せるトリリンガルなので彼女が一緒だと心強い!

Mさんとはまず購入する物件に行き、部屋の採寸をしました。

家具のバランスやドアに入るかなど採寸は必要ですよね。

その後、セントラルエンバシーに夫が選んだソファとラグを見にいきました。

夫とメールでやり取りしていた担当者は不在でしたが、他のスタッフが3人くらいがっつりついてまわり、絶対何か買わなければならない雰囲気^^;

彼らにとっては一発入れば大きい金額ですからね〜もう必死(^^;;

そんな中、Mさんが頑張ってくれて当初の額よりもかなり安くなりました。

そして家具が万が一ドアから部屋に入らなかった場合のリスクも店側に持ってもらう約束もしてもらいました。

納得して決済しました。

この日、エンバシーのインテリアショップは撮影が入っていました。

私達が商談している横で騒いでいてスタッフが恐縮していました。

Mさんがおっしゃるにはソファに座っている女性はタイでは有名な女優さんらしいです。

家具の決済が終わり、スタッフがドリンク類を運んでくださいました。

その後、お礼にMさんにはエンバシーのnaraに行ってご馳走しました。

Mさん28歳で若いんだけど、19歳の大学生の妹さんの学費も払っているんですって。

偉いなぁ…

しかも日本には10日くらしか滞在したことないけど独学で日本語をマスターしたんだと。

不動産屋の日本人男性が言っていましたがタイ人スタッフの中では彼女が一番優秀なんですって。

わかるなぁ〜私に対しての振る舞いや気遣いも素晴らしいもの。

Mさんのおかげで夫から託された任務を無事に終えてとりあえずホッとしています。

SHOP

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。