BLOG

パークハイアット・バンコクのお部屋、期待以上に素晴らしいものでした。

何階に宿泊したかは忘れてしまいましたが、かなり高層階だったと思います。

廊下。

ドアを開けたら左にウォークインクローゼット、右にトイレ、そして奥がベッドルームになります。

ホテルにウォークインクローゼットっていいですね。

スーツケースも置けるので部屋がキレイな状態を保てます。

トイレも独立型なので日本人には嬉しいです。

このラグ、廊下のカーペットと同じでした。

ベッドもホワイトのみですがインテリアを邪魔していなくてこれはこれでいいですね。

デスクまわりってホテルの説明書みたいなのが置かれていますがすべて引き出しの中にしまわれスッキリ感が徹底されています。

お茶セットがおさまっているこのキャビネもモダンオリエンタルな雰囲気。

コーヒー用にネスプレッソから日本茶用の急須まで。

冷蔵庫、引き出し式なんですね。

ネスプレッソ用のカプセルやカップ類もキレイに並べられています。

この辺りもパークハイアットレベルになるとテープルの上にポンと置かれているってことはないんですね。

ドライフルーツも種類別に置かれています。

が、そんなにドライフルーツって好きではないんだよな~~

デザインのあるパネルが施されていてなんとなく仕切りが出来ている感じ。

こういうパネル、広い部屋だったら自宅でもやりたいんだけど。

扉も閉めることができるのもポイント高い。

ここだけでなくウォークインやトイレ、バスルームまですべてにちゃんと扉がついているっていいな。

ベッドルームの隣の部屋にバスルーム。

ダブルシンクボウル。

バスタブもおしゃれ~

アメニティ類は専用の家具にキレイにおさめられていました。

何よりも贅沢なのはバスタブに浸かりながらのこの眺め。

部屋からの眺め、バンコクの街並みを一望できます。

パークハイアット・バンコクは昨年できたばかりなのですべてがキレイな上、シンプルながらも感じの良いインテリアでした。

ホテルでありがちな「こうだったらいいのにな~」って思う部分もすべてクリアされていますし、細部までこだわりのあるところはさすがです。

もう部屋から出たくなくなるくらいの快適さです。

セントレジス・バンコクの部屋もよかったけど、私的にはパークハイアット・バンコクの方に軍配が上がります。
  →セントレジスバンコク宿泊~お部屋(リビングルーム)

このレベルの部屋だったらもう少し連泊したかった・・・

次回はパークハイアットでの食事です(こちら

SHOP

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほブログ村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。