BLOG

夕食は食事処「北乃風茶寮」でいただきます。

お部屋は個室になり、他のお客様の様子はまったくわかりません。

到着したらこのようにセッティングされていました。

テーブルには小さなクリスマスツリーが飾られています。

~食前酒~
艶麗の花

これはカルピスと何かを割ったカクテルでした(忘れてしまいました・・・)

ジュース感覚で美味しくいただけました。

~突き~
小田原産地鶏雪鍋仕立て

これ、地鶏の出汁の効いた鍋なのですが、大根おろしがたっぷり入っていて味も食感も最高。

のっけから美味しすぎました。

スタッフの話ですと、ここの料理長は出汁を効かせた料理が得意なのだそうです。

椿の飴細工の蓋は美しい演出ですね。

蓋を取ると・・・

~旬彩~
雪風ときたの風

十勝産の黒豆やら北海道合鴨ロース煮などやはり北海道産の食材が入ってきます。

美味しくいただく順番などもスタッフが教えてくださいました。

どれをとっても上品な味。

~香り~
羅臼産昆布引き立てお出汁の薄葛仕立て

やっぱり出汁が美味しい。

~恵み~
箱根に吹く北海原の恵み

立派なぼたん海老をはじめ、北海道産の魚介の盛り合わせは美味しくないわけがない。

~食事~
北海道米北斗産ふっくりんこ釜炊き

~香の物~ 
登別産山葵昆布と自家製香の物盛り合わせ

美しくセッティングしてくださいました。

~お品書きにない料理長からの一品~

これ、内容がなんだったか忘れてしまいましたが、生クリームを効かせたふわふわの料理でした。

美味しかったことだけは覚えていますが。

~強肴~
白老牛サーロインのグリル 三つの味で

バジルの利いた焼きおにぎりの上に三種類のソースをサーロインにそれぞれつけたものをのせていただくという、ちょっと変わった料理でした。

でもおにぎりなしでもよいかも・・・

~煮物~
駿河湾産鰆白菜巻き

~止肴~
相模湾産かわはぎ昆布の〆サラダ仕立て

今回のお料理の中で、これだけはいただけなかった。

基本的に料理にフルーツのソースってあんまり好きではないので。

実際、よくわからない味でした。

メインの水菓子の他に三種類のデザートを選ばせていただきました。

~水菓子~
登別酪農館牛乳を使ったキャラメルのアイスクリームときたの風茶寮デザートアミューズ

メインのアイスクリーム+三種のデザートって結構な量です。

キャラメルのアイスクリーム、きなこやあんこなどで和風仕立てにしてもらいましたが、最高に美味しかった♪

普通、どこの温泉宿もデザートはそんなに凝っていないものですが、ここはデザートにも手抜きがありませんでした。

専属のパティシエはいないけれど、料理人が考えて作っているのだそうです。

きたの風茶寮さん、お料理の評判良かったのですが、期待通りでした。

地元と北海道産の食材をコラボしたお料理で見た目にも楽しめました。

凝り過ぎてやり過ぎ感のあるお料理もありましたが、美味しくて記憶に残る料理が多かったです。

とくに最初に出てきた雪鍋はもう一度食べたいくらい絶品でした。

お料理の出てくるテンポもよく、満足のいく夕食となりました。

次回は最終回の朝食編です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村

ELM瞑想説明会(2018年1月)のご案内

SHOP

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。