BLOG

箱根・仙石原にあるきたの風茶寮の私が宿泊したお部屋をご紹介します。

チェックイン後に案内されたお部屋はこちら。

207号室「しおん」というお部屋になります。

全10室のうち下から二番目に安いお部屋です。

ドアには小さなクリスマスリースが掛けられていました。

玄関入ったところで写真を撮りました。

右はトイレ&バスルーム、その奥がお部屋になります。

ワンルームの洋室で広さは15畳ほど。

窓が大きい上に37.6㎡のスカイテラスがあるので解放感があります。

ベッドはツインタイプ。

籐のソファセットも窓側に。

ベッドの横には長いテーブルが置かれています。

テーブルの上には・・・

コーヒーや紅茶のセット。

コーヒーはきたの風茶寮のオリジナルでコーヒーミルで挽いて飲むように豆が用意されていました。

そして置いてあるお茶菓子もやっぱり北海道産のもの。

冷蔵庫の中にはビールが2本ありましたが、飲まない方はジュースに変えてくれるということでデルモンテのアップルジュースをいただきました。

奥のクローゼットの中には浴衣の他に作務衣とバスローブが用意されています。

館内は浴衣や作務衣OKです。

ちなみに夜はこんな雰囲気になります。

おしゃれにライトアップされていますね。

こちらはパウダールームになります。

残念ながらダブルシンクボウルではありませんでした。

基礎化粧品は男性用、女性用と揃っています。

備え付けのもののみで、いただけるアメニティのようなコスメセットはありません。

引き戸になっているトイレ。

室内のお風呂とシャワールームですが、お風呂かなり広いです。

お風呂は温泉ではありませんが、雨の日など外の露天風呂が利用できないときは温泉にしてくれるようです。

一度このお風呂利用しましたが、広くて石造りなので違った雰囲気でこれも良かった。

内風呂のシャンプー類はMIKIMOTOでした。

ちょっと長くなってしまうのでお部屋の露天風呂は後日紹介しますね。

こちらのお部屋は禁煙、喫煙OKのお部屋なのですが、お部屋に入った時、消臭ができておらずタバコの臭いが残っていました。

スタッフにお願いして、ハーブのミストスプレーをかけてもらいました。

喫煙OKでも、新しい人が入る時はしっかり消臭しておいて欲しいですね。

きたの風茶寮はいろいろなタイプのお部屋があり、どのお部屋に宿泊するかは自分で選べます。

「しおん」は、お部屋に関してはまぁまぁというとこかな。

調度品がちょっと安っぽい感じがしましたけど。

次回はお部屋の露天風呂&貸し切り露天風呂編です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村

ELM瞑想説明会(2018年1月)のご案内

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。