BLOG

 9月にELM瞑想説明会を開催しますのでこちらをご覧ください。

8月1日からバンコク旅行に行ってきました。

まだ、京都旅行のつづきが終わっていないので先にこちらをどうぞ。

すみや亀峰庵を11時にチェックアウトし、最寄り駅の亀岡駅まで送っていただきました。

7月上旬の京都の天気はあまりよくありませんでした。

まわりたい京都の神社がいくつかありましたが、雨予報もあるのでどうなるか心配です。

鞍馬寺も今回行きたい神社の一つでした。

母が、

「今から行けば明るいうちに戻って来れるよ。」

と提案してくれたので京都駅で母と別れ、私は烏丸御池駅のホテルに荷物を預け、出町柳で叡山電鉄に乗り換え鞍馬駅を目指しました。

出町柳から30分ほどで鞍馬駅到着です。

午後の上、お天気が悪いということで下車する人も少な目です。

「鞍馬天狗」でも有名な鞍馬寺。

駅の待合室から天狗のお面がお出迎えです。

こちらもおなじみ駅前の天狗像。

駅周辺には数は少ないけれど売店があります。

こちらにも天狗グッズがぎっしり。

こちら仁王門(山門)です。

駅から数分で到着します。

前回見逃した狛犬ですが、よく見ると虎ですよね?

今回はしっかり拝ませていただきました。

入館料を支払ってすぐのところに手水舎があります。

こちらを上がっていくと右手側に普明殿(ケーブル山門駅)があります。

今回は午後ということもあるのでケーブルカーを利用することにします。

こちらを利用すれば数分で多宝塔(ケーブル山上駅)に到着します。

ケーブルカー下車後、このような道を通って本殿を目指しますが、それでも結構な時間はかかります。

鞍馬寺本殿金堂到着です。

午後ということもあり、あまり人はおりません。

ほら、やっぱり狛犬は虎ですよね。

後で知りましたが、これは三位の一つである毘沙門天が、虎の年、虎の日に現れたといわれているからだそうです。

いつもなら六芒星の中心の三角形のところに誰かしら立ってパワーをもらっていますが、この日は誰もいなくて写真もゆっくり撮れました。

まさにニューライフのヤントラと同じ形♪

もちろん私もこの上には乗りましたよ~

ときどきこの上はパワーが最も集中している場所だからのらない方がいい、と書かれている方もいますが、ボブは立ってOKと言っていました。

昨年、ニューライフマントラを伝授していただいてからたくさんの恩恵をいただきましたので感謝の気持ちと共にしっかり立たせていただきました(^^♪

私ではないけれどこんな風に。

鞍馬寺自体は宇宙エネルギーと繋がっているところですので、こちらに立つとクラウンチャクラが開いて宇宙と繋がるイメージなのかなと思いきや、足元の方に何やら感じるものがあります。

ぐらぐらする、という言葉が一番ピッタリするような感じです。

昨年チェンマイの瞑想教師トレーニングに参加する10日前ほどに鞍馬寺を参拝しましたが、チェンマイに到着してすぐにボブから鞍馬寺のサナトクマラというマスターについて話がありました。

ボブも鞍馬寺を参拝したことがあるそうですが、ここのお寺のパワーを絶賛していました。

そして本殿地下に本当にサナトクマラがいるということを教えていただきました。
(三体ある一番左だそうです。)

私は前回そこに行かなかったので是非とも行ってみたいと思っての今回の再訪でした。

本殿を参拝してから右側の方に向かって地下につづく階段を探しました。

すぐに見つかりましたが、もう怖いくらい先が真っ暗で入るのを躊躇しそうになるのですが、本来の目的でしたので勇気を持って入りました。

入ってしまうと不思議と怖さがなくなりました。

ろうそくの炎だけが灯されていてあまりまわりがよく見えません。

見えてきたのは小さな骨壺のようなものがまわりにぎっしり埋め尽くされていたこと。
(後でわかったのですが、この小さな骨壺には生きている信者さんの髪の毛が5、6本入れられているそうですよ。)

サナトクマラを含め三体の像を探しましたが見つかりません。

本当に暗くてよく見えないのです。

それからもう一度地上に上がり、お守りなどを買うついでに販売所の方に、

「地下に行っても三体の像が見つからない。」

という話をしました。

するとそこの女性が、今お客さんが誰もいないから、ということで地下を案内してくださいました。

先ほどは見えなかったのですが地下に入ってすぐに右に行く通路があり、そちらを進んでいくとありました、三体。

左手:護法魔王尊(力)
中央:毘沙門天(光)
右手:千手観世音菩薩(愛)

この三位一体で「尊天」と呼ばれています。

左手の護法魔王尊が魔王尊と呼ばれ、地球の霊王とされ、650万年前に金星から地球に降り立ったサナトクマラです。

そこまで案内していただき、販売所の店員さんは戻られました。

私はしばらくおりましたが、もうこの三体のパワーに圧倒されました。

ボブからはサナトクマラはマスター達の中でもトップレベルだと聞いておりました。

何よりも個人の小さなお願い事をするようなレベルではないことはすぐにわかったので、ただただここに来れたことへの感謝の気持ちだけをお伝えしました。

地上に上がり、その後はお寺のベンチに座ってニューライフで瞑想しました。

鞍馬寺は宇宙規模のパワーなのでご利益は

「すべての願いが叶う場所」

らしいです。

鞍馬寺にいらした際には地下の三位一体像の近くでそのパワーを存分に感じるとよいですよ。

鞍馬寺のつづきは(こちら)。

  • ELM瞑想の伝授をご希望の方はお問い合わせからお願いいたします。

2018年9月ELM瞑想説明会募集のご案内

SHOP

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほブログ村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。