BLOG

 9月にELM瞑想説明会を開催しますのでこちらをご覧ください。

京都旅行のつづきです。

この日は午後からの参拝でしたので貴船側に行くことはなく、そのまま歩いて鞍馬駅方面に戻りました。

ケーブルカーに乗らずに下山したのは理由がありました。

あるものを見たかったから。

てくてく下山しているとそのあるものが見えてきました。

こちらのオブジェを見たことありますか?

私は前回見逃していたので今回は是非とも見て拝まなければと思っていました。

なぜなら友人であり、エネルギーヒーラーの磨土華さんからこのオブジェのエネルギーがすごい、って聞いていたから。

私は前回歩いて登ったのですが、こちらのオブジェは見逃していました。

今回はそのオブジェのエネルギーを感じてみたかったのです。

全体像はこんな感じです。

面白い形のオブジェですよね。

私はこの前に立ってみました。

そうすると鞍馬寺本殿前の六芒星の中心に立った時と同じような感触を足から感じました。

あの足がぐらぐらとする感じです。

そしてオブジェの下の方を両手で触りながら立ってみました。

するともう足のぐらぐらがすごくって。

とくに右足のぐらぐらが激しく自分でもびっくりしました。

きっと誰もがこの前に立ったらこのオブジェのパワフルなエネルギーを感じるのではないのでしょうか?

オブジェの隣りには「いのち」と書かれた石碑がありました。

こちらのオブジェがいったい何かというと・・・

「宇宙生命、宇宙エネルギー、宇宙の真理を具象化したもの」

と書かれていました。

宇宙エネルギーですか~やっぱりね~そんな感じのパワフルさでしたもの。

このオブジェって下から鞍馬寺に上っていく途中にあって見逃しがちなのですが、中に入ってみて宇宙エネルギーを感じてみてください。

「いのち」のオブジェの近くに由岐神社があります。

こちらの神社も創建940年の古い神社で有名ですよね。

主祭神は日本神話の神である大己貴命、少彦名命です。

由岐神社の末社の近くにありました。

こちらは「魔王の滝」。

薄暗く、落ち着いた雰囲気のこの場所もかなりのパワースポットという感じがします。

今回鞍馬寺を訪れたのは、本殿地下の三位一体像を拝むことと、「いのち」の宇宙エネルギーを感じることが目的でした。

その両方の前でしっかり感じ取ることができたので大満足で帰りの叡山電鉄に乗りました。

鞍馬寺って宇宙エネルギーを受け取ることができる数少ないお寺のように思います。

是非京都に行ったら立ち寄ってみてください。

  • ELM瞑想の伝授をご希望の方はお問い合わせからお願いいたします。

2018年9月ELM瞑想説明会募集のご案内

SHOP

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほブログ村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。