BLOG

毎月開催している瞑想会では私の話を熱心にノートに書き記しているお客様が何人かいらっしゃいます。

その姿を見るたびに何年も前の自分のことを思い浮かべています。

私は宇宙のルールやエネルギーのこと、自分が何のために生き続けているのかさえわからない悩みの多い時期にたくさんの精神世界や偉人の本を読んできました。

それこそもう何百冊という数になるかと思います。

そしてその時の自分にとって大切だと思うことや励ましになる言葉の数々をノートに書き写していました。

先日自宅で断捨離中にそれらのノートが出てきたのでぱらっと読み返してみました。

当時は難しかったり、理解できなかったり、腑に落ちなかったことも今読み返してみると、すべて自分のものになっていました。

もう当たり前のこととして自分の中に存在していることばかりなのです。

「頑張ってきたな、私。」と思うとともに、悩み苦しみながら書き記した文字を見ながら当時の自分を愛おしく感じました。

その時の自分に「大丈夫だよ!」と言ってあげたい気持ちにも。

そして瞑想会で私の言葉を書き記している方たちにも同じ言葉を言ってあげたいのです。

あなたが今書いている言葉の数々は未来の自分像だということを。

どんなに今がしんどくても、いつしか当然のものとして自分の中に落とし込め、楽にそして人生を心から楽しめる日が来るということを。

あなたが手、足、頭を使って得た「知識」や「情報」を「経験」に変えいけば変わっていくのです。

だから心配しなくても大丈夫!

SHOP

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほブログ村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。