BLOG

瞑想をするようになってから、

「ハートの声に従いなさい。」

という言葉をたくさん聞いてきましたし、今も私は瞑想にいらっしゃるお客様にはそのようにお伝えしています。

自分のハートの声を聴いてそれに従うとは

「言いたいことは言う」

「やりたいことはやる」

「やりたくないことはやらない」

とすごくシンプルな生き方です。

今すぐにでもできることなのですが、これがとても勇気が必要だったりします。

なぜならハートに従う生き方は、自分勝手でわがままのように思われてしまうという恐怖がわいてくるから。

でも、私はハートの声を聴き、ハートに従う生き方を実践していますが、自分だけでなく周りにも調和と貢献をもたらす生き方だと確信しています。

自分が満たされているから心地よく、気持ちいい状態で生きることができているので他人に対しても優しく寛容になれますし、好きなこと、やりたいことは自然に追求できていると思います。

いろいろな意味で豊かさが循環して返ってきていると感じています。

そして恐れていた恐怖というのは自分のマインドが創り出していただけなんだということもよくわかりました。

では、それと逆に、ハートの声を無視して、やりたいことを我慢した生き方をしたとしましょう。

嫌なことも我慢して苦しみ、ストレスをためる。

そうすると必然的に、満たされず、重く、苦しく、気持ちが沈んだ状態で生きることになります。

自分が満たされなければ他人に批判的、否定的になり、イライラを他人にぶつけ、仕事も人間関係もうまくいかない。

そんな状態では誰も惹きつけることはできないし、救うこともできません。

当然、感謝もお金も豊かさも循環してくることはありません。

「人生をよりよいものにしたい!」

「自分らしく生きたい!」

「幸せになりたい!」

「苦しみから解放されたい!」

と願うのであれば、ハートに従った生き方を実践するのみです。

自分が幸せになって周りと幸せを分かち合うのか、自分が不幸になって周りに不幸を巻き散らすのか・・・

実はハートの声に従うかどうかだけなのです。

  • ELM瞑想の伝授をご希望の方はお問い合わせからお願いいたします。

SHOP

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほブログ村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。