BLOG

振り返ってみると自分の人生がスムーズに好転してきた大きな理由の一つとして、

「今の現実すべては自分が引き寄せたことであり自分の責任である」

ということをココロの底に落とし込めたことだと思っています。

家族との関係、ママ友との関係、会社の人間関係、今の自分の置かれている立場、住んでいる環境、お金、今自分が持っているもの・・・

それがどんなに納得のいかないものであっても100%今の自分が引き寄せたものであり誰のせいでもない。

「たまたま自分だけがこの状況に置かれている」

ということは絶対にありません。

この世に、たまたまとか偶然ていうことはないのです。

ですから今の納得し難い現実を、人のせいにしたり、世の中のせいにしているうちはなかなか人生が好転してこないと思います。

私がこのことに気付いたのは30代前半でした。

それまでは自分に起こる納得のいかないこと、理不尽なことはすべて他人のせいにして生きていました。

当然起こる出来事や自分のまわりの人間関係を見渡せば、気持ちのいい環境ではありませんでした。

結婚してからは子育てのストレスを夫のせいにしていました。

会社に行く夫の方が子育てしている私よりずっと楽だろうから、私のこの大変さをわからせたいとも思っていました。

そう思えば思うほど夫との関係がギクシャクしましたし、子育てが楽になることはありませんでした。

精神世界の本を読むようになり、子育てがつらいという現実も100%自分が引き寄せているということを理解しました。

そのときの自分の情けない現実もすべて認めました。

「こんなの私の望む現実じゃない!」

とした上で、

「さて、自分は自分の現実をどんな風にしたいのか?」

ということを自分のココロに問うようになりました。

この時、どんなに情けなく、惨めな現実であってもそれはしっかり認めた方がその後の現実は好転しやすいと思います。

「あの人はもっていないけど、私にはこれがあるから私の方が幸せ」

とか他人との比較で自分を優位な立場に置くようなやり方も一切通用しないのです。

自分の都合のいいように解釈したり、強がったりすると変化しないどころか悪化の一途をたどることにもなります。

宇宙はその人の本音しか見ないですからね~素直な人に味方するのです。

もちろん、私自身、誰かのせいにしてしまうのは長年の癖になっていましたから、すぐに変われたものではありませんでしたが、気づいては修正して、を繰り返しました。

今では問題が起こったら、まず自分の内側と向き合い、湧き上がる感情を大切にします。

それを繰り返していると、問題が問題でなくなったり、災いが結果的に良い方向に行った、ということを何度も経験しています。

自分のあるがままの現実を素直に認め、本音を全部出す。

そして湧き上がる良い感情も悪い感情もすべて大切にする。

これだけで大きな変化を期待できると思います。

幸せというのは誰かに与えられるものではなく、

「自分が幸せになる」

という覚悟を持てばそうなっていくものなんですよ。

D-ecru-designの受注受付締め切りは1月17日(火)です↓

SHOP

 にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ  
にほんブログ村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。