BLOG

若い頃っていうのは、何か起こるとすぐに人のせいにして自分を正当化したがるものです。

親のせい、夫のせい、他人のせい、環境のせい・・・

私もそうでした。

若い頃って言っても30代半ばあたりくらいまではそうだったような気がします。

精神世界を知るようになり、

「親さえも自分で選んで生まれてきている」

「自分の身に起こることは100%自分が招いたこと」

だと理解してからは、今ではどんなことでも誰かのせいにすることはなくなりました。

といっても長いことそういう生き方をしてきたのですぐには変えられるものではなく、相当な努力が必要だった気がします。

人のせいにばかりにして生きてきた時代と今とでは私の人生は格段に違うものになっています。

より良く変化したことはたくさんありますが、その中の一つは私のまわりに「イヤだな」と感じる人が一切いなくなったこと。

わかりやすい例で言えばママ友。

ママ友っていうのは、ただ子供を通してはじまるもので、自分とまったく共通点がなくてもお付き合いしていかなければならなかったりします。

私は息子達が幼稚園時代にはそのお付き合いでかなり苦労しました。

意地悪な人、すぐに人を裏切る人、悪口ばかり言っている人・・・本当にさまざまなお母さんに出くわしました。

でも考えてみたら、私自身がココロの中で何かとすぐに人のせいにしていたからだったように思います。

「類は友を呼ぶ」

って言いますからね。

自分の中のそういう感情が少しずつ取れていくごとにそういう人達との出会いがなくなっていきました。

今は息子達も二人とも高校生になり、幼稚園の頃のように頻繁にママ友と会う機会はなくなりましたが、それでも部活動を通してのお付き合いはあります。

私はそこでもかなりマイペースなので「ちょっと変わったママ」だと思います(^^;

でも皆さん良い方ばかりでとても居心地のよいお付き合いをさせていただいています。

お母さん達も成長してきているっていうのもあるのでしょうが、そういう方ばかりってなかなかないような気がします。

本当にいつもココロから感謝しています。

img_4031.jpg

ここではママ友を例にあげてみましたが、会社の中などの人間関係で悩んでいる人も、なぜそういう環境の中に自分が置かれているのか、人のせいにしないで自分の中に原因を探してみるといいかもしれません。

これまでの経験から断言できますが、自分の身に起こることは良いことも悪いことも100%自分が原因だと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。