BLOG

影では悪口を言っていても、その人の前ではフレンドリーに振る舞う人って多くないですか?

それが「大人である」と勘違いしていませんか?

自分の言っていることと、振る舞いが一致していないのなら一旦立ち止まって自分の心の内を覗いてみるといいと思います。

「大人である」と言ってしまえば体裁は保てるけど、それはその人の弱さであり、恐怖心からくるものですよ。

(プージャで使用した蓮の花)

人間て多くの人が、良い人でいたいし、嫌われることを怖いと思っています。

だからと言って、自分の内側ではその人をおもいっきり否定しているにも関わらず、いざ目の前にするとヘラヘラしたり、おべっかを使う姿は美しいものではありません。

言っていることと、振る舞いが一致していないというのは、

「自分を大切にしていない」

ということです。

自分のことを大切にしていたり、愛している人は、自分の心の声を無視した行動はしないはずです。

それができている人は、嫌いな人とは距離を持ち、自らは関わりを持たないようにしています。

私がこれまで見てきたケースですと、嫌いな人の前でもフレンドリーを装う人ほど、影で言っている悪口は辛辣だったりします。

恐怖心が克服できなくて、嫌いな人の前でもフレンドリーな態度しか取れない人は、せめて人の前で悪口を言うのはやめておいた方がいいです。

なぜなら、言っていることと振る舞い、行動が一致していない人を、人は信用しなくなるからです。

 

  • エターナルラブ瞑想(旧フィルメント瞑想)のマントラ伝授ができるようになりました。
    まだHPなどの準備ができておりませんので、ご興味のある方、マントラ伝授のご希望の方はまずはお問い合わせからお願いします。
    詳細をお伝えします。
  • 私がタイに行っている間にクラシックインテリアレッスンにお申込みいただいた方で、メールがこちら側で受信できなかった人がいるようです。
    お申込みを確認できた方にはすべて返信しておりますので、もしメールが届いていないようでしたら再度こちらからお申込みくださいませ。
    お手数おかけして申し訳ございません。

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。