BLOG

東京ではお盆は7月になるようですが、私の実家ではずっと8月でしたので我家では義父母が亡くなってからお盆は8月にお祀りしています。

私が子どもの頃実家でやっていたように毎年なすやきゅうりで動物も作り、迎え火を焚きます。

それに乗ってご先祖様がかえってくるんだよと聞かされてきました。

昨日はお盆最終日ということで夕方送り火を焚いてご先祖様をお送りしました。

きっと多くの亡くなったご先祖様は、ご自宅に帰られて楽しいひと時を過ごされたのでしょうね。

8月15日は終戦記念日でもあります。

終戦記念日がお盆である8月15日っていうのも何か因果があるような気がします。

私の母方の祖父は戦死しています。

私が生まれる前のことですので、一度も会ったことはありません。

母方の実家の仏壇には軍服姿の若い祖父の写真が飾られていました。

祖父はフィリピンで亡くなりました。

もちろん遺骨は戻らず、現地の石だけが送られてきたと聞いています。

今年の1月にフィリピンのボラカイ島に行ったとき、目の前の海が戦艦武蔵が沈んだシブヤン海に続いていることを知りました。

そこには1000人以上の日本人兵士が眠っています。

祖父は陸軍でしたので海では亡くなっていないはずですが、私がみているこの海の先に日本のために亡くなった多くの若い日本人兵士が眠っているのかと思うとなんとも感慨深く、自然と手を併せていました。

フィリピンはセブ島をはじめよく行く場所で、行くたびに戦死した祖父のために手を併せます。

一度、母も連れて行ってあげたいと思っていたのですが、母の健康状態から今となってはそれも叶わなくなってしまいました。

私はフィリピンにもいろいろご縁があるので、祖父がよんでくれているのかな、と思うときがあります。

生前お世話になった祖父母のことは今でも頻繁に思い出しますが、会ったことのない祖父のことは忘れがちです。

母方の祖父にとっては私も孫、想って欲しいに違いありません。

私が生きている間だけでも、フィリピンに行った際には必ず祖父のことを想って祈りを捧げたいと思います。

9月4日にELM瞑想説明会を開催します!

ご興味ある方お待ちしております↓

2018年9月ELM瞑想説明会募集のご案内

SHOP

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほブログ村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。