BLOG

独身であれば、自分のために自由に時間を使うことは簡単にできる。

ところが、結婚して家庭を持った途端にその自由がなくなる。

まして子供がいると身動きがまったく取れなくなってしまう・・・

世の中の子供のいる既婚女性のほとんどはそんな風に考えているのではないでしょうか?

(画像はお借りしました)

私も長いことその考えに縛られていました。

でも、これって自分の中の観念でしかないのです。

よく会社員が、

「自分がいなくなると仕事が回らなくなるからなかなか辞められない。」

って言う人がいます。

でも結局その人がいなくても会社って回ってますよね(残念ながら)

それと同じようなレベルのことだと思います。

「自分がいなければ、家族が、子供が困る・・・」

「何か大変なことが起こってしまうかもしれない・・・」

って思い込んでいて、自由に動くことに恐れを感じているうちはなかなかそうなることは難しい。

「家族を信用していない」

とも言えますよね。

自分の中に恐れがあるのに、私のように

「二ヵ月チェンマイ行っちゃいます!」

ってなったとしても、うまく事が運ばなかったりするでしょう。

それはそうですよね、

自分の内側が外側の現実に反映されるんですから。

そういう人の場合は、少しずつ自分の中の枠を広げていけばよいと思います。

私も最初から何ヵ月も海外行って家を留守にしていたわけではありません。

自分の置かれている環境の中で可能なことから少しずつ、少しずつ好きなことをして自由に動ける幅を大きく広げてきたわけです。

そして、家族と離れて自由に一人旅を満喫できた時などは、心から感謝して楽しむようにしました。

家族が私を自由にさせてくれること、そして自由にやりたいことができる豊かさにも毎日感謝していました。

すると、次第に罪悪感がなくなり、自分の内側が自由であることを許容しだします。

今では常に自分の意識と自由であることが一体化した状態にあるので、

「自分が自由でないことなんてありえない」

くらいになっています。

ですから、当然現実もそのように動くしかないんですよね。

自由にできるための環境が整えられ、好きなことができるための豊かさも与えられました。

自分の中に不安や恐怖がなくなった状態で自由を享受することができれば、

「自分の望みを叶えてあげた」

わけですから、私自身も満足するし、結果的には私を取り巻く家族たちも私から良いエネルギーを受け取ることができるわけです。

素晴らしい相乗効果ですよね!

もし、自由になりたい人は、まずは自分に自由であることを許可してくださいね。

そして今ある環境の中で少しずつ自分を自由にさせる枠を広げていきます。

ちょっとした自由に感謝し、楽しむこと。

自分の意識が常に自由と豊かさと共にある状態になればもうそうなったも同然です。

きっと現実はあなたに自由と豊かさをもたらせてくれるはずですよ~

そして、

忘れないで欲しいのは、あなたのハートが望んだ自由を享受できれば、その家族だって幸せと自由を享受できたのと同じなんですよ。

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

SHOP

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。