BLOG

こちらの記事のつづきになります。

新居購入~ユニバースにすべておまかせ(1)

今年のお正月明けに夫が不動産屋に予約をしていた港区の物件を二戸見に行くことになりました。

もう一年以上も前からいくつか夫と一緒に物件を見てきていますが、広さ、間取り、値段など、なかなか条件に合うものはみつかりませんでした。

そもそもそれまで自宅というよりも投資物件としてみていたからかもしれません。

その中でいいのがあれば自宅として考えよう、そんな感じだったと思います。

この時もあまり期待せずに、夫についていっただけでした。

一戸目はその地区ではそれなりに有名なマンションでしたが、駅からの道のりがあまり好きではなく、実際案内された部屋はそんなに魅力を感じませんでした。

すごく割高だったし。

二戸目は地下鉄出口から徒歩2~3分という好立地。

私にとってこのマンション周辺は昔から好きな地域でしたが、あまり住宅地としては考えつかなかった場所でした。

そこまで大規模マンションではないところもよかった。

共有エントランスもシンプルですが素敵だったし、エレベーターホールも豪華で気に入りました。

そしてドアを開けて玄関入った瞬間主人に、

「私ここ好きかもしれない❤」

とつい言葉に出していました。

これまで何戸もマンション見てきて、たいてい良い物件は玄関に入った瞬間にわかります。

ここの玄関は広い上に目の前のリビングダイニングからの光が玄関まで差し込んでいてなんとも言えない心地良さを感じました。

そしてリビングダイニングに入って目の前いっぱいに広がる東京の景色にただただ感動。

まさに東京の中心にいるような気持ちになりました。

「ここ絶対いい~~~」

と思いながらソファに座りました。

そのときに目の前に置かれているダイニングテーブルが目に入りました。

それを見てビックリ!!

昨年末に夫に連れていかれたカッシーナに展示されてあった丸テーブルで、

「次に引っ越した時にはこのテーブルがいいな」

と夫と話していたものだったから。

たった一週間ほど後にこちらのマンションの部屋でそのときとまったく同じテーブルを見るなんて!

もうすぐさま、このテーブルはユニバースからのプレゼントで、

「この物件こそがユニバースからの答えなんだ!」

って確信しました。

こちらのマンションは当初分譲ではなく、外国人向けのマンションとして家具付きで賃貸に出されていたそうなのです。

その後分譲され、外国人が購入し、そのまま友達に貸していたそうなのですが、その友達もほとんど日本にいなくてたまに日本に来た時に泊まる程度だったようです。

ですから家具もキッチンも何から何までほとんど使用した形跡がなく新品同様でした。

その他の私が出していた条件としてはどうでしょうか?

  • 港区で周辺環境が良いところ(歩いていてワクワクするところ)
  • 広さ130~150㎡
  • リビングダイニングが広く家具の配置がしやすい
  • 空港へのアクセスの良い場所

まわりの環境は抜群、広さは3LDK140㎡超で家族4人でも申し分ない広さです。

リビングダイニングも24畳程度あり形も悪くない。

窓が二面に広がっている部屋は私のインテリアセオリーとはマッチしないところでしたが、すぐにそれを活かした理想的な家具の配置をイメージできました。

そして成田や羽田までのリムジンバス乗り場がマンションから徒歩2分なんです!

旅行好きの私にとってはもうこれ以上ない理想的な環境です。

外国人仕様なのでお風呂が寝室と別の場所に2個あったりでもったいないスペースもあるのですが、そのほかの条件はすべて満たしていました。

そして肝心な値段ですが、市場価格よりかなり安く出されていてこれもビックリ。

夫も私も

「これだけの好立地、物件でこの値段はあり得ないよね」

というのが共通した思いでした。

ただ、いくら市場価格より安いといっても都心の一等地でこれだけの広さがあるマンションです。

すぐにその金額を集められるのか・・・

夫はかなり頭を悩ませていましたが、私はもう

「絶対買える!」

って揺るぎのない安心感とともにお腹の底から突き上げてくるものを感じていました。

なぜならユニバースがシンクロニシティとして見せてくれたから。

シンクロニシティは宇宙からのメッセージ

ユニバースが

「ここだよ!」

って答えとして提示してくれたものが手に入らないはずがないもの。

それは今までの経験値からもそうだったから。

お金の手配すらできるかわからない状況でしたので、これだけ条件の良い物件、すぐに売れてしまうのではないかということを夫は心配していました。

私としては、

「すべてユニバースに任せておけば大丈夫だよ」

としかこの時は言うことができませんでした。

つづきはまた。

  • ELM瞑想にご興味ある方、伝授をご希望の方はお問い合わせからお待ちしております。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほブログ村

4月ELM瞑想会お申込み募集

SHOP

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。