BLOG

こちらの記事のつづきになります。

新居購入~ユニバースにすべておまかせ(1)

新居購入~ユニバースにすべておまかせ(2)

新居購入~ユニバースにすべておまかせ(3)

「港区のマンションを購入したら成城の家はどうするの?」

と思うかもしれませんね。

成城の自宅はこれから売却することになります。

「せっかくご両親が残してくださった家なのに。」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私たちの両親はそんなことにこだわる人たちではないことは私も夫もよくわかっています。

次男の学校の関係もあるので今すぐに引っ越すわけではありません。

夫は年内に引っ越すことになるかもしれませんが、私と子供は来年3月になるでしょう。

ですからこれからゆっくり新居のインテリアを考えたり、今の家の荷物の処分をしていくことになります。

さて、昨年3月チェンマイでの瞑想トレーニングに参加した際、ELM瞑想創始者であるボブの個人セッションで引っ越しのことを相談したことがありました。

ボブは引っ越しに関しては私たち家族にとって良い転機になるはずだと大賛成でした。

ただ、昨年3月時点では夫が「ここがいい」と決めていたマンションがあり、そこの売り物件が出るところを待っているような状態でした。

そのときにボブが、

「選択肢が一つしかないとユニバースにも選択肢は一つしかないんだよ。
自分たちの選択肢を広げていくとユニバースにももっといいものを選択する機会を与えることになるよ。
ユニバースは私たちに一番いいものを与えたいからね。」

「でも…なんかご長男さんの大学の近くのような気がするんだよね。」

とも言っていました。

「なぜそんなことを言うのか自分でもわからないんだけど。」

と言った瞬間、ゲッコーがびっくりするくらい大きな声で鳴きました。

「ゲッコーもそうだと言っているからやっぱりそうなるんじゃないかな。」

と笑いながら言っていました。

これを聞いたとき、私は、

「それはないな~」

と思っていました。

私たちは都内しか考えていなかったけど、長男の大学は神奈川県にありましたから。

でも、私たちが引っ越しを予定しているのは来年3月ですが、長男は来年4月から大学3年生で学部が都内に移るのです。

しかも新居のマンションから電車でもすぐですし、歩こうと思えば歩けるような距離なのです。

「そういうことだったんだ~」

と今なら納得 笑

そしてボブからのメッセージを夫にも伝えエリアの選択肢を広げた結果、最初に決めうちしていたマンションとはまったく違うところになったわけです。

そしてその選択に私たちはとても満足しています。

やっぱりすべてボブの言う通りだった。

ユニバースにお任せしてそれに委ねたら当初考えていた物件よりもずっとずっといいものに巡り合えたのですから。

人間はどうしても自分の頭で考えたことが最良で、自分でどうにかしようと思いがちですが、やれるところまでやったらあとはユニバースに全て委ねた方がそれ以上の結果を得られたりするんですよね。

これはもう何度も経験していることなので私の中では疑いようがありません。

こんな風に書いている私も瞑想を初めたばかりの頃は、瞑想教師から頻繁に飛び出す「宇宙」や「ユニバース」って言葉に、「???」でしたし、

「宇宙に任せるってどういうこと?」

という感じでしたよ。

それでもどうにもこうにも困った時には、

「ユニバースにお任せだ!」

と委ねようと思うのですが、なかなかマインドがそれを許してくれなかったり、本音の部分では疑っていたり。

潜在意識を変えるって本人の努力ではどうにもならないところですが、瞑想を続けていると自然な形で変化させてくれるんですよね。

自分の中のエゴが取れていき、いつの間にかユニバースを信じられるようになっていましたよ。

今こうやって自分の意識をコントロールでき、自分の望むような人生を歩んでいけるようになったのもすべて瞑想からスタートしていることです。

なんか瞑想の宣伝みたいになってしまいましたが、ヨガでもアファメーションでもご自分にあった浄化方法があればそれでもよいと思います。

でももし今何の手段もなく、人生に行き詰っていたり、もっとユニバースに委ねた生き方をしていきたいという方はELM瞑想はおススメですよ。

5月末には瞑想体験会などを開催しますのでご興味ある方はご連絡くださいませ(こちら)。

う〜ん…最後本当に瞑想の宣伝で終わってしまいましたね 笑

  • ELM瞑想にご興味ある方、伝授をご希望の方はお問い合わせからお待ちしております。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほブログ村

4月ELM瞑想会お申込み募集

SHOP

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。