BLOG

昨年から父の病院の付き添いのため月一で実家のある富士宮に帰省しています。

側からは「大変だね」って言われたりもするのですが、富士宮への帰省は私の楽しみになっています。

やっぱり生まれ育った地元っていいですものね。

何十年も経てば町の様子は多少変わっていたりもしますが水や空気はそのまま、もちろん富士山も小さい頃に見たときのままの姿。

歩いているだけでワクワク喜びで胸がいっぱいになります。

富士宮というと富士宮焼そばのほかに富士山本宮浅間大社が有名ですね。

正式名称を知ったのはここ数年です。

地元の人はみんな「お浅間さん」と呼んでいますので。

お浅間さんにも毎回立ち寄りますが、外国人観光客の姿もすごく多くなりました。

御祭神は木花咲耶姫(このはなさくやひめ)です。

朱色の本殿は華やかさがありいかにも女性の神様という感じです。

凛とした感じというよりも優しい空気感があります。

はじめての神社って参拝もちょっと緊張したりもしますが、ここは小さい頃から来ていた場所なので「また来ましたよ〜」という感じでご挨拶です。

本殿の右に歩いていくと…

湧玉池があります。

富士山の湧き水なので澄んでいてとてもキレイです。

ここで水を汲んでいかれる人も多いです。

鴨もたくさんいます。

昔は売店があって鴨や鯉のエサを買って与えていましたがそんな売店もなくなっています。

地元の方がパンの耳をあげているのをよく見ます。

湧玉池のあたりの空気も清々しくかなりのパワースポットだと思います。

私が小さい頃はお浅間さんは子供達の遊び場でたくさんの子供が集まる場所でしたが、今は少子化からかほとんど姿を見ませんでした。

もっと庶民的なイメージでしたが、しっかり整備されていてそれはそれでいいのでしょうが、昔を知っているものとしては寂しい気もします。

 

参拝後は近くの地元の人はみんな知ってる「江戸屋本店」というパン屋さんに立ち寄ります。

創業明治2年の老舗のパン屋です。

パン屋の一角にあるカフェコーナーで買ったパンとセルフサービスのコーヒーをいただきます。

昔から変わらないパッケージ。

可愛いよね💕

コーヒーは湧き水を使っているからかすごく美味しい。

200円でおかわり自由です。

ご参拝後にいかがですか?

次回はもう一つの私の一番好きなお浅間さんをご紹介しますね。

SHOP

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほブログ村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。